新着情報

2010/10/01
高徳線「屋島駅」一斉清掃実施しました!(2)
 画像のみ掲載します。

 一斉清掃中、地元の屋島観光案内ボランティアの方々の話に大勢の観光客も心地よく聞き入っていました。
 屋島山上にはJR屋島駅前からシャトルバスが出て非常に便利が良くなっていました。


 四国鉄道OB会本部事務局 古谷浩一

120-1.jpg120-2.jpg120-3.jpg

2010/10/01
高徳線「屋島駅」一斉清掃実施しました!
 本日(10月1日)、四国鉄道OB会香川支部では高徳線「屋島駅」の一斉清掃を実施しました。
これは四国鉄道OB会本部が主催し香川支部が主体となって、JR四国社員、グループ社員にも呼びかけて本年度の一斉清掃モデル駅として選定した「屋島駅」をOBも若い現職もグループ社員も一体となって一斉に清掃美化作業を行ったもので、OB、現職等の連携を深めていくとともに、秋季旅行客などの駅を利用するお客様にも気持ちよく利用していただくことができるよう参加者全員が気持ちよい汗を流しました。

 昨日は終日の雨で本日の天候が危ぶまれましたが、今朝は真っ青に天高く、日差しは穏やかで時折爽やかな風が吹きぬけて汗ばむ身体も心地よく感じることができました。

 今回の一斉清掃では、地元の古高松分会(桑原政雄分会長)、屋島分会(小林正志分会長)が中心になり、OB会本部、香川支部事務局、並びに役員を含めOB会から23名、JR四国本社から5名、高松駅から宮脇正行駅長以下4名、JR四国グループ会社から4社4名、さらに地元の「JR屋島駅盛りあげ隊」から有志5名が参加していただき、総勢41名が一体となって清掃美化に汗を流しました。

 駅舎待合室の内外の壁・窓の清拭、軒裏などのクモの巣払い、トイレ掃除、ホームぎわの草刈、ゴミ収拾、駅名標・時刻表示板等の清拭、ホームぎわに新たに10鉢のプランターを設置しコスモス苗の植付け、駅前自転車置場の整理など、朝8時40分から約1時間の作業で、高松市の観光名所「屋島」を正面にいただくJR最寄り駅「屋島駅」は、ますます綺麗になりました。
 
 屋島駅の清掃は一昨年の8月に実施して今回で2回目となりましたが、前回の時よりも駅舎は地元の方々のおかげで見違えるほど綺麗になっていました。地元のボランティアの方々によって市民ギャラリーも整備され、この日も観光案内ボランティアの方々が大勢の観光客を迎えて活躍されていました。土・日・祝日には観光客への観光案内サービスやレンタサイクルも充実して、これに一部OBの方々も参画されており、まさに地区振興、屋島駅活性化のために、この活動が益々発展し全国にその取組みを発信してもらいたいと思いました。

参加いただいたみなさん!ありがとうございました!お疲れさまでした。

 四国鉄道OB会本部事務局 古谷浩一

119-1.jpg119-2.jpg119-3.jpg

2010/09/21
第14回香川支部長杯ゴルフコンペ盛大に開催される
猛暑も少し和らいだ9月17日、こんぴらレイクサイドGCにおいて恒例の支部長杯が45名の参加で盛大に開催されました。参加メンバーのうち最高齢は93歳の兼頭さん、最年少は59歳の林さん、優勝は藤田博さんで、スコアは年齢と同じ86でエイジシューターとなりました。「健康でゴルフができるのが何よりの楽しみです。練習を続け、精進を重ねます。」とは藤田さんの優勝の弁。なおベストグロス賞は福家俊平さんでスコアは84でした。 


四国鉄道OB会香川支部事務局 横山 秀敏

118-1.jpg

2010/09/07
平成22年度香川支部ゲートボール大会開催!
 本日(9月7日(火))平成22年度(第22回)香川支部ゲートボール大会が高松市国分寺町橘ノ丘総合運動公園の屋内競技場で開催されました。
残暑まだまだ厳しい中、檀紙、端岡、多度津、琴平、弦打連合、事務局混成の精鋭6チーム約40名が集結し、今年で22回目となる香川支部長杯を目指しリーグ戦を繰り広げました。

予選リーグ、そして決勝リーグの熱戦を制したのは檀紙チームでした。檀紙チームは予選では2位で決勝リーグに進んで見事、優勝の栄に輝きました。
また、今回初めて事務局混成チームを結成しました。西島支部長を中心に鴨川、綾南から助っ人を迎えて結成しました。特に鴨川の大島幸子さんは91歳の今大会最高齢の方でプレーもテキパキされて混成チームを引っ張り、素晴らしい活躍でした。その事務局混成チームは予選リーグでは最下位に甘んじましたが、決勝リーグでは見事に準優勝を勝ちとりました。
そして第3位は昨年度優勝チームの多度津チームでした。檀紙、事務局混成、多度津チームのみなさま、誠におめでとうございました。

来年も元気で再会しましょう。今大会のお世話をいただきました皆様、誠にありがとうございました。

優勝

: 檀紙チーム
準優勝
: 事務局混成チーム
第3位
: 多度津チーム

四国鉄道OB会本部事務局  古谷浩一
 

117-1.jpg117-2.jpg117-3.jpg

2010/07/30
そして懇親会!(2)
画像のみ掲載します。

四国鉄道OB会本部事務局

116-1.jpg116-2.jpg116-3.jpg

2010/07/30
そして懇親会!
 本日は「地区情報発信委員」の委嘱式がありました。そして2年半ぶりにパソコン教室同窓会(懇親会)を計画して両方による合同懇親会を開催しました。
 会場はOB会事務局が入っているビルの1階にある「とらべる亭」で、事務局も入れて四国中から27名の会員さんが出席されました。本当にありがたいことです。このような絆を大切にしていきたいと思います。
 パソコン教室はJR四国情報システム鰍フ岡村社長の強力な支援があって実施していますが、大先輩の会員さんたちが、岡村社長や同窓生との懇親の場に、こんなにたくさん集まっていただいたことに感激しました。
 これを機に、学んだ当時を思い出し掲示板投稿にチャレンジしていただきたいと思います。よろしくお願いします。

 四国鉄道OB会本部事務局 古谷浩一

115-1.jpg115-2.jpg115-3.jpg

2010/07/30
「地区情報発信委員」委嘱式
 本日、「地区情報発信委員」委嘱式が行われました。四国全体で18名の会員さんに委嘱されましたが、その中で遠くの愛媛支部から4名、徳島支部から4名、高知支部から1名、香川支部から3名の計12名の方々が高松のOB会事務局にお集まりいただきました。炎暑の中、誠にありがとうございました。
 この「地区情報発信委員」は地区のOB会活動や地区の文化活動、芸能、その他身の回りのいろんな情報を、ご本人も楽しみながらOB会ホームページ掲示板に投稿していただく方々です。OB会の定期的な紙面情報とは趣きを異にして、新鮮情報をリアルタイムで発信することによって老若を問わず多くの会員さんの参加を促し、OB会の活性化につなげていこうとするものです。掲示板が活発に利用されることを期待していますので今後ともよろしくお願いします。

四国鉄道OB会本部事務局 古谷浩一

114-1.jpg114-2.jpg114-3.jpg

2010/05/18
平成22年度四国鉄道OB会総会開催速報!
 本日、10時30分より全日空ホテルクレメント高松に於いて平成22年度四国鉄道OB会総会が開催されました。
 今回は本会創立後、6回目の総会となりました。四支部から選出された出席代議員48名と本部役員、そして各種表彰受賞会員(役員功労、会員増強功績、分会活動功績)、ご来賓のJR四国松田社長、泉専務、日本貨物鉄道四国支店織田支店長、JR四国グループ会社各社長等のご臨席のもと、出席総数106名により開催されました。
 
 開会後、全員起立して昨年度中に亡くなられた218名の会員さんのご冥福を黙祷で捧げました。
 また、各種表彰では役員功労表彰並びに会員増強功績表彰、分会活動功績表彰の三表彰(会長表彰)が行われました。いずれも個人表彰で、永年に亘る役員活動に対する功労表彰、会員増強に尽力しその実績に対する功績表彰、永年に亘り分会にあって地道に新聞配達等のお世話役になってOB会活動を支え尽力された方などに対する功績表彰で、三表彰を合わせると香川支部19名、愛媛支部3名、徳島支部6名、高知支部2名、計30名の会員さんが受賞されました。誠におめでとうございました。今後もご健康で益々のご活躍をお願いする次第です。
 
 議案については事務局から昨年度の活動報告を行ったのに続き、本年度の活動計画(案)が提案され満場一致で承認されました。昨年度末にはJR四国退職者の会員が大台の1千名を超えて1,001名となり、会員全体の22%を占めるに至りました。
本年度の活動計画は、昨年度と同様に、まず「組織強化」を掲げ、そのために(1)会員増強、(2)組織の活性化、魅力づくり、(3)会員への情報発信、を各々強力に推進していくこととしました。特に会員増強については毎年最重要課題として取組んでおり本年度も引続き全力で取組むこととしています。更に本会会員の高齢化が進み、支部・分会の役員にも高齢化が押し寄せているため、リーダーとなる人材の発掘並びに育成に努め組織の活性化につながる後継者育成を行っていくこととしています。次いで「JR四国及びJR四国グループへの協力活動」及び「社会福祉活動、地域活動等への協力」を積極的に行い、OB会としての社会的役割を果たしていくこととしました。

 議事に先立ち、児島会長から挨拶があり、代議員をはじめ会員各位に日頃のOB会活動に対して感謝の言葉があり、また、ご来賓の皆様方には当会運営への温かいご支援に対し、感謝の言葉がありました。そして、本会発足以来、JR四国はじめ関係各社のご支援等を受け運営基盤の確立を図りながら本会の魅力づくりや楽しい会とするために会員各自が取組んできましたが、会員の高齢化に伴う死亡・退会による減少傾向は著しく、いかにして会員を確保していくかは永遠の課題となっており、引き続き会の総力を挙げてJR退職者の入会率の向上に取組んでいく決意を示されました。その上で本年度は次ぎの3点を重点にして活動していこうと呼びかけました。

@組織の活性化を図るための後継者の育成
会員の高齢化に伴い支部、分会、班においてお世話をしていただける方も限られてきており、会の今後の活性化を図るためにも次のリーダーとなる人材の発掘と育成を是非ともお願いしたい。また、女性部のリーダー育成にも取組んでいただきたい。

A魅力あるOB会づくり
OB会に入ればどんなメリットがあるかとよく聞かれるが、OB会きっぷやホテルの割引等各種特典がメリットだと言えるでしょう。しかしこれらは優遇特典という物質的なものに過ぎません。現代社会の中で生きる高齢者の関心は心身の健康管理、生きがいづくり、親しい友との付き合いだと言われている。これらの要望を実現していく場としてOB会活動をもっと生かせないものかと考えている。各地で盛んになりつつあるスポーツ活動や趣味の会、同好会の活動を一層盛んにしてもらいたい。そのために色々な分野で資格や玄人並みの腕をもって地区でリーダー的役割を果たしている会員さんも沢山おられるので、OB会のインストラクター登録をしていただき、一緒になってOB会の活性化と魅力づくりに取組んでいただきたい。

BJRに対する協力活動
JR四国は景気の低迷、高速道路の大幅割引等の影響で未曾有の厳しい経営環境におかれている。今こそ私たちOBも天職として生涯をかけてきたJRを護るため会員一人ひとりが応援団として協力していこう。増収活動、事故防止、駅舎清掃等は勿論のこと、JR情報のPR、JRの理解者や応援団を増やすための運動も私たちOBにできる協力だと思う。
そして、長引く不況の中で私たちOBの生活もますます厳しいものがあるが、お互い仲間同士が助け合い協力し合って心豊かに人生を送っていこう。と終わりの言葉を結びました。

児島会長の話の内容は、本部の活動計画に盛込まれた内容となっていますが、今後開催される各支部の総会においてもその趣旨を取り入れた活動計画が示されることと思いますので、会員の皆様のご協力のほどよろしくお願いします。

 ご来賓を代表して、JR四国松田社長からご挨拶をいただきました。当会への祝辞並びにJR四国、グループに対する協力活動への感謝の言葉を頂戴し、JR四国の近況などお話いただきました。高速道路の大幅割引によるJR四国への影響は大きく、この危機を脱するために全社あげて爪に火を灯すような努力をしてきたこと、しかし、今後も高速道路が現行の大幅割引や値下げを続けた場合、JR四国はいずれ、もちこたえられなくなるのは明々白々である。皆様方が安心して利用できるJRとして、どうしていくべきか中長期的な展望にたった議論をしていく必要がある。今後もJR四国全社員挙げて安全・安定輸送を心がけて取組んでいく。四国のJRが全国に認められるようにしていきたい。OBのみなさま方の力強いご協力をお願いしたい。と熱い言葉で語っていただきました。

お忙しい中、誠にありがとうございました。また、ご来賓の皆様方には会議冒頭より長時間ご臨席賜りました。誠にありがとうございました。

 本会議終了後、12時過ぎより懇親会を行いました。緊張した会議のあとの懇親の場は、ご来賓の方々も交わっていただき代議員や受賞者たちの気持ちもほぐれて懇親会が大いに盛り上がりました。そして、それぞれの地域での本年度の取組みを誓い合って散会しました。                         

四国鉄道OB会本部事務局 古谷浩一

   物故会員の冥福祈念      児島会長あいさつ          懇親会

113-1.jpg113-2.jpg113-3.jpg

2010/03/10
OBあじ散・琴平の旅(3)
画像のみ掲載します。

四国鉄道OB会本部事務局 古谷浩一

 スタート直後の様子。全員に何かが当たった「お楽しみ大抽選会」。エンジンがかかってきた様子

112-1.jpg112-2.jpg112-3.jpg

2010/03/10
OBあじ散・琴平の旅(2)
画像のみ掲載します。

四国鉄道OB会本部事務局 古谷浩一

    愛媛支部のみなさん        徳島支部のみなさん          高知支部のみなさん

111-1.jpg111-2.jpg111-3.jpg

- Topics Board -