新着情報

2011/06/16
香川支部総会開催
399] 香川支部総会開催 投稿者:横山 秀敏 投稿日:2011/06/15(Wed) 16:15 [返信]
香川支部総会が6月14日開業10周年を迎えたホテルクレメント高松3階飛天の間において、会員139名来賓19名が出席して盛大に行われました。会議の前にJR四国の松田会長による特別講演「高速鉄道で拓く明日の四国」があり、この講演には高知支部から上續支部長、岡林事務局長以下6名の役員も聴講されました。
来賓にはJR四国から泉社長、吉良、松島常務、宮脇高松駅長ほか管内の現場長、本部からは宮井副会長のご臨席を賜りました。総会ではまづ長寿会員187名にたいするOB会長の賀詞があり、つづいてJRへの増収、清掃協力への感謝状贈呈がありました。増収個人へは木村義和様、河合博一様、増収団体では国分分会(竹内分会長)坂出分会(弾正原分会長)清掃美化団体では古高松分会(桑原分会長)が受章されました。議事では「会員の確保」「組織の活性化」「魅力づくり」「JRへの増収、清掃・美化協力」など今年度の活動計画が承認され、西島支部長以下女性3名を含む29名の新しい理事を選び会議を終え、岩本副支部長の乾杯で懇親会に移りました。久しぶりにお会いした会員同志もあり、和やかな雰囲気のなか、94歳で最高齢の兼頭秀夫様(国分分会)のお元気な中締めで会を終えました。


130-1.jpg130-2.jpg130-3.jpg

2011/05/19
平成23年度四国鉄道OB会総会が開催されました!
 5月17日(火)、10時30分より全日空ホテルクレメント高松に於いて平成23年度四国鉄道OB会総会が開催されました。
 今回は本会発足後、7回目の総会となりました。四支部から選出された出席代議員41名と本部役員、そして各種表彰受賞者(役員功労8名、分会活動功績16名、感謝状贈呈2社)、ご来賓のJR四国松島常務、日本貨物鉄道四国支店岡村課長、JR四国グループ会社各社長等のご臨席のもと、出席総数102名により開催されました。
 
 開会後、全員起立して昨年度中に亡くなられた219名の会員さん、並びに今年3月11日の東日本大震災で東日本鉄道OB会の多くの会員さん、ご家族が被災され、多数の死亡者や今だに行方不明者がいる中、これらの亡くなられた方々へのご冥福を黙祷で捧げました。そして、受付には東日本鉄道OB会会友への義援金箱を置き、多くの出席者の方々より心温まるご芳志をお預かりしました。

 また、各種表彰では役員功労表彰並びに分会活動功績表彰の二表彰(会長表彰)が行われました。いずれも個人表彰で、永年に亘る役員活動に対する功労表彰、永年に亘り分会にあって地道に新聞配達等のお世話役を引き受けOB会活動を支え尽力された方などに対する功績表彰で、二表彰を合わせると香川支部17名、愛媛支部3名、徳島支部6名、計26名の会員さんが受賞されました。誠におめでとうございました。今後もご健康で益々のご活躍をお願いする次第です。
 さらに今回は会長よりJR四国グループ会社2社に対して、感謝状が贈呈されました。一社は本会発足にあたり会員への情報発信の構築に尽力していただき、発足後も継続して情報発信システムの改良並びに、OB会員のためのパソコン教室の実施などOB会の発展に多大の貢献をしていただいているJR四国情報システム鰍ナす。もう一社はJR四国を退職した社員のOB会への入会率が毎年度高く、OB会員も多数現存し減少傾向にあるOB会員の中にあってOB会発展のために多大の貢献をしていただいている四国開発建設鰍ナす。誠にありがとうございました。今後ともご協力・ご指導のほどよろしくお願い申しあげます。

 議案については事務局から昨年度の活動報告を行ったのに続き、本年度の活動計画(案)が提案され満場一致で承認されました。昨年度末にはJR四国退職者の会員が1,007名となり、会員全体の24%を占めるに至りました。
 本年度の活動計画は、昨年度と同様に、まず「組織強化」を掲げ、そのために(1)会員増強、(2)組織の活性化、魅力づくり、(3)会員への情報発信、を各々強力に推進していくこととしました。本年度は会員同志の活動の絆となる新たな会員名簿を発行することにしています。
 特に会員増強については毎年度最重要課題として取組んでおり本年度も引続き全力で取組むこととしています。更に本会会員の高齢化が進み、支部・分会の役員にも高齢化が押し寄せているため、リーダーとなる人材の発掘並びに育成に努め組織の活性化につながる後継者育成を行っていくこととしています。次いで「JR四国及びJR四国グループへの協力活動」及び「社会福祉活動、地域活動等への協力」を積極的に行い、OB会としての社会的役割を果たしていくこととしました。

 議事に先立ち、児島会長から挨拶があり、代議員をはじめ会員各位に日頃のOB会活動に対して感謝の言葉があり、また、ご来賓の皆様方には当会運営への温かいご支援に対し、感謝の言葉がありました。そして、東日本大震災で東日本鉄道OB会会員が被災され死亡、行方不明、家屋の倒壊、流失等で今だに避難されている方々がおられることに、お悔やみとお見舞いの言葉がありました。・・・
本会発足以来、JR四国はじめ関係各社のご支援等を受け運営基盤の確立を図りながら本会の魅力づくりや楽しいOB会とするために会員各自が工夫しながら取組んできましたが、会員の高齢化による会員の減少と役員・世話役の後継者不足ということが益々大きな問題となってきている。OB会の今後の活性化を図るためにも次のリーダーとなる人材の発掘と育成に取り組んでいきたい。昨年度はその一環として四国内の18名に地区情報発信委員を委嘱したがホームページ掲示板への投稿も増え、掲示板も益々充実してきている。会員の確保は会の存続、活動の前提条件であり永遠の課題として引き続き総力を挙げて取り組んでいく。そのうえで本年度は次ぎの3点を重点に活動していこうと話されました。

@楽しい魅力あるOB会づくり
 ここ数年の傾向として会員の死亡以外に退会される会員が増えているように思う。高齢で体調を崩されたという方ばかりでなく比較的若い方もいる。入会したが余り面白くない、つまらないという事でしょうか。OB会として期待に応えられていないとすれば誠に残念だ。人によっては想いや要望に多少の違いがあると思うが、健康管理、生き甲斐、自己実現などOB会活動の場をそうした要望を満たすものにしていって頂きたい。今年度はスポーツや文化芸能等の趣味の会や同好会活動をより一層盛んにして、老若を問わず幅広く大勢の会員が参加し楽しめるものにしていきたい。特に女性会員の参加・活躍に期待したい。

AJRに対する協力活動
 リーマンショックによる大不況からやっと抜け出しつつあったわが国経済は、今回の東日本大震災で再びどん底に突き落とされ、立ち直りには相当の期間を要すると思う。その上高速道路の整備をはじめJR四国を取り巻く社会経済環境は様変わりをし、いまやJR四国は存亡の危機に立たされており出直し的改革を迫られていると言える。OB会としては極めて厳しい状況下におかれているJR四国の自助努力を支援するため増収活動に協力することは勿論、事故防止、駅舎清掃等に取り組んでいく必要がある。JR四国の一番の応援団として皆さんの強力なご支援ご協力をお願いする。会員一人ひとりが自分たちのOB会との認識のもと、よりよいOB会づくりのために一層の活躍をお願いしたい。

B社会福祉活動、地域おこし活動等に参加しよう
 JR四国は本来地域に根ざした地域の発展、福祉の増進に寄与すべき使命をもった会社だと言える。
これからの四国鉄道の再生計画の推進にしても地域の理解と協力が必要だ。そのためには常日ごろから地域と密接な関係をもっていることが大事だ。OB会員の中には地域の自治会や各種団体、協会等で役員・世話役として活躍している人が大勢いる。そういった人たちを通じてOB会も町おこしや福祉活動、各種行事に参加して地域との繋がりを強めていこう。と話を結びました。
児島会長の話の内容は、本部の活動計画に盛込まれた内容となっていますが、今後開催される各支部の総会においてもその趣旨を取り入れた活動計画が示されることと思いますので、会員の皆様のご協力のほどよろしくお願いします。

 ご来賓を代表して、JR四国松島常務からご挨拶をいただきました。当会への祝辞並びにJR四国、グループ会社に対する協力活動への感謝の言葉を頂戴しました。そのうえで、今日のJR四国のおかれた厳しい現況や、本来ならば本日出席予定のJR四国泉社長が急遽欠席されている状況など、私たちOB会員にわかりやすくお話いただきました。そして、JR四国全社員はまずは事故を起こさないようにと心がけて、泉社長を筆頭にして頑張っていくので、OB会のみなさま方の力強いご協力をお願いしたい。と熱い言葉で語っていただきました。
 お忙しい中、誠にありがとうございました。また、ご来賓の皆様方には会議冒頭より長時間ご臨席賜りました。誠にありがとうございました。

 本会議終了後、12時過ぎより懇親会を行いました。緊張した会議のあとの懇親の場は、ご来賓の方々も交わっていただき代議員や受賞者たちの気持ちもほぐれて懇親会が大いに盛り上がりました。そして、それぞれの地域での本年度の取組みを誓い合って散会しました。                         

 四国鉄道OB会本部事務局 古谷浩一

129-1.jpg129-2.jpg129-3.jpg

2011/03/19
第6回四支部交流親睦旅行会を開催しました!(4)
 画像のみ掲載します。

 四国鉄道OB会本部事務局 古谷浩一

     銭太鼓          フィナーレ最高潮阿波踊り  次回開催地の上續(高知支部長)気合の中締め         

128-1.jpg128-2.jpg128-3.jpg

2011/03/19
第6回四支部交流親睦旅行会を開催しました!(3)
 画像のみ掲載します。

 四国鉄道OB会本部事務局 古谷浩一

  児島会長挨拶     椋本(徳島支部長)歓迎の挨拶    為実(美馬三好分会長)乾杯の音頭

127-1.jpg127-2.jpg127-3.jpg

2011/03/19
第6回四支部交流親睦旅行会を開催しました!(2)
 画像のみ掲載します。

 四国鉄道OB会本部事務局 古谷浩一

       愛媛支部               徳島支部              高知支部

126-1.jpg126-2.jpg126-3.jpg

2011/03/19
第6回四支部交流親睦旅行会を開催しました!
 昨日(3/18(金))、22年度4支部交流親睦旅行会を開催しました。今年は徳島支部が幹事になって「OBあじ散祖谷の旅・ホテル秘境の湯」(日帰り旅行)で115名の会員さんが元気に集まり盛大に開催することができました。4年前も祖谷のこのホテルで開催しましたが、当時と同じように晴天と暖かい気温にも恵まれ、そして今年は所々に点在する残雪が祖谷秘境の険しく高い山々の気高さを醸し出し、どこまでも青く澄み切って広がる天空が誠に印象的でした。
  
 3.11の東北関東大地震から一週間後の開催となり、被災された方々、犠牲となって亡くなられた方々の事を思うと複雑な気持ちでの4支部会員の再会でしたが、開会前には一同起立し深い哀悼の意を表し、1分間の黙祷を捧げました。・・・そして私たちの同志として活躍されていた東日本鉄道OB会の会友さんやそのご家族の被災に対して、励ましの気持ちを送ろうと会場に義援箱を置いたところ、多数の会員さんから浄財をお寄せいただき誠にありがとうございました。この義援金はOB会本部で一旦お預かりし、しかるべき時にお送りすることにしていますのでご了承ください。
 
 さて、懇親会ではしばらくして会員さんの持ち前の元気な声があちらこちらから沸きあがり、笑顔も見られるようになりほっとしたことでした。JR四国グループ会社からの景品提供もたくさん戴き、ラッキー抽選会あり、徳島支部会員有志の銭太鼓、日舞、太極拳、阿波踊り、そして恒例のカラオケ大会ありで、目が離せない舞台でした。
 
 参加された皆様、ありがとうございました。四国の会員さんたちが元気に一堂に会し、たったの3時間でありましたが満面の笑みをもって親睦の輪をいくつも作っていただきました。来年の再会を約してお開きとなりましたが、来年は高知支部が幹事となって計画することになり楽しみがまた1つ増えました。
 みなさん、その時までお元気で。そしてまた、笑顔でお会いしましょう。
 徳島支部のみなさんお世話になりました。ありがとうございました。
 
四国鉄道OB会本部事務局 古谷浩一

       香川支部               懇親会・・・元気な声が飛び交いました。

125-1.jpg125-2.jpg125-3.jpg

2011/03/01
第9期パソコン教室が始まりました!
 3月1日(火)、第9期パソコン教室が始まりました。講師はJR四国グループ会社のJR四国情報システム渇ェ村正一社長です。これから毎週1回、午後1時30分から2時間のレッスンを10回受けていただき基本、応用講座を修了する学習プログラムを組んでくれています。高齢のOB会員にもわかりやすい指導をしてくれると定評があります。

 今回の受講生は3名ですが、受講生各々が教えてもらいたいところに講師がじっくり応えていく教室になりそうです。会員さんの中で自分もここを聞きたい、こんなときどうすれば・・・と思われる方がいましたら、事務局までお電話を下さい。
 また、パソコン教室開講日の時間内にOB会事務局までお出でいただければ、より詳しく講師が操作実施でしっかりと教えてくれます。

 なお、パソコン教室は基本的には月曜日に開講することにしておりますが、講師のご都合で変更になる場合がありますので、事前にOB会事務局までお問い合わせください。 
 受講生のみなさん!パソコン、インターネット自由自在で生活の楽しみが広がること間違いなしです。レッスン頑張って下さい。修了日が楽しみです。

 四国鉄道OB会本部事務局 古谷浩一

124-1.jpg124-2.jpg124-3.jpg

2010/11/09
第6回四国鉄道OB会会長杯開催
第6回会長杯ゴルフコンペ開催

去る11月5日(金)、こんぴらレイクサイドGCで恒例の会長杯ゴルフコンペが開かれました。
当日は、さわやかな秋晴れで風もなく、最高のゴルフ日和、和気藹々の雰囲気のなか、熱戦が繰り広げられました。参加者は香川、児島会長、西島支部長以下25名、愛媛1名、徳島4名、高知2名計32名。各県対抗団体戦は愛媛・高知は香川から強力な選手を補強しての合同チームで参加、優勝香川、準優勝徳島、個人の部では優勝中西寿一さん(香川)、準優勝徳永幸治さん(愛媛)、3位斉藤通世さん(香川)4位梶浦脩さん(徳島)5位藤田博さん(香川)、ベストグロス賞は鍬田さんで昨年に続きエイジシュウターとなりました。また来年の大会での再開を約して帰路に着きました。

123-1.jpg

2010/10/01
高徳線「屋島駅」一斉清掃実施しました!(4)
 画像のみ掲載します。

 駅舎内のスペースに設けた市民交歓ギャラリーも充実しています。地元ボランティアの方々が集まりいつも綺麗にしていただいているそうです。

 四国鉄道OB会本部事務局 古谷浩一

122-1.jpg122-2.jpg122-3.jpg

2010/10/01
高徳線「屋島駅」一斉清掃実施しました!(3)
 画像のみ掲載します。

 四国鉄道OB会本部事務局 古谷浩一

121-1.jpg121-2.jpg121-3.jpg

- Topics Board -