新着情報

2014/05/15
平成26年度四国鉄道OB会総会開催
5月13日(火)、10時30分よりJRホテルクレメント高松に於いて、平成26年度四国鉄道OB会総会が開催されました。晴天に恵まれ出席を予定していた全員が元気に一堂に会しました。
 今回は本会発足後、10回目の節目の総会となりました。四支部から選出された出席代議員39名と本部理事19名に加え、役員、各種表彰受賞者(役員功労9名、会員増強功績1名、分会活動功績19名)、ご来賓のJR四国泉社長、松島常務、日本貨物鉄道四国支店山名支店長、JR四国グループ会社各社長等のご臨席のもと、出席総数90名により開催されました。
 
 開会後、全員起立して昨年度中に亡くなられた201名の会員さんのご冥福を黙祷で捧げました。
 また、各種表彰では役員功労表彰、会員増強功績表彰並びに分会活動功績表彰の三表彰(会長表彰)が行われました。いずれも個人表彰で、永年に亘る役員活動に対する功労表彰、多くの新入会員を獲得して会員増強の実績をあげられたことに対する功績表彰、永年に亘り分会にあって地道に新聞配達等のお世話役を引き受けOB会活動に尽力された方に対する功績表彰で、三表彰を合わせると香川支部17名、愛媛支部4名、徳島支部6名、高知支部2名、計29名の会員さんが受賞されました。誠におめでとうございました。今後ともご健康で、そしてOB会活動へのご指導のほどよろしくお願いします。
 
 議案については事務局から昨年度の活動報告を行ったのに続き、本年度の活動計画並びに収支予算(案)、役員の一部改選(案)が提案され満場一致で承認されました。
 本年度の活動計画は、第1に会員相互の親睦及び福祉の増進、第2にJR四国及びJR四国グループへの協力、第3に地域社会との連携を深めることを掲げ、重量な課題である会員の確保に努めるとともに、議案書に示している具体的な施策に取り組んでいくこととしました。また、役員の一部改選では3人の理事と1人の監事が退任され、新たに3人の理事と1人の監事の新任が承認されました。退任された理事・監事の皆様、長い間ご尽力いただきました。ありがとうございました。

 議事に先立ち宮井会長より、代議員をはじめ会員各位に日頃のOB会活動に対して感謝の言葉と、ご来賓の皆様方には当会運営への温かいご支援に対し、感謝の言葉がありました。
四国鉄道OB会の活動の進め方について、「当会は平成17年4月1日に発足し10年目に入った。以来、会員相互の親睦及び福祉の増進、JR四国及びJR四国グループへの協力、地域社会との連携を深めることを目的として活動を進めてきた。特に地域社会との連携については、今年度より真摯に取り組むこととし、先ず会員の活動状況把握から始め、鋭意深度化を図って行きたい。」と話されました。
また「本年度末で10周年となるのに鑑み、10周年記念行事的なことにができれば良いと思っている。何が出来るか、どういうことがふさわしいか、理事会等で検討を重ね来年の総会で提起できればと思っている。」と話され、最後に「OB会会員の皆様からOB会に加入して良かったと思っていただけること。JR四国、JR四国グループから期待され喜ばれる会に育っていくこと。そういう会を目指して頑張って行きたい。」と締めくくりました。
 
 ご来賓を代表して、JR四国泉社長からご挨拶をいただきました。当会への祝辞並びにJR四国、グループ会社に対する協力活動への感謝の言葉を頂戴しました。またJR四国の現況について、昨年度の決算は国の支援策もあり良かったが、LCCの影響が松山、高松地区で出ていると思われる。と述べられる一方、四国の鉄道ネットワークをどうするかについては、「四国の鉄道ネットワークを考える懇談会」より出された「鉄道のあり方」の答申に基づいて進めている。その中では、既存のインフラを有効に活用すること。例えば最近の予土線の3兄弟の施策などにより、ローカル線の旅客が若干増加している。ただ都市間輸送が生き残るためには整備新幹線が必要であり、四国の四県庁に最短ルートを設定すれば、社会的投資効果は1.03との指数もでている。四国の新幹線導入が全くあり得ないと言う事ではないと思う。導入促進に当たっては、地域の声を盛り上げることが必要なので、皆様方の応援をお願いしたい。と熱い言葉で語っていただきました。 
 お忙しい中、誠にありがとうございました。また、ご来賓の皆様方には会議冒頭より長時間ご臨席賜りました。誠にありがとうございました。

 本会議終了後、11時30分より懇親会を行いました。緊張した会議のあとの懇親の場は、ご来賓の方々も交わっていただき代議員や受賞者たちの気持ちもほぐれて懇親会が大いに盛り上がりました。そして、それぞれの地域での本年度の取組みを誓い合って散会しました。

170-1.jpg170-2.jpg170-3.jpg

2014/03/22
第9回4支部交流親睦旅行会開催(2)
徳島支部、高知支部の集合写真を掲示します。

左から徳島支部、高知支部の順

169-1.jpg169-2.jpg

2014/03/22
第9回4支部交流親睦旅行会開催
「讃岐の旅」(平成26年3月18日(火))に大勢のご参加ありがとうございました!
当日はあいにく早朝から小雨の天候でしたが、高松駅から傘なしで到着するという快適な便利さで「JRホテルクレメント高松」に四国4支部から総勢166名が参集しました。

9回目となった「交流親睦旅行会」は、香川支部がお世話役となり、JR四国グループのホテルで初めの開催となりました。会場となった3F宴会場「飛天」を埋め尽くし、会員さんの熱気で燃ゆるばかりの懇親会となりました。また会場内後方には、絵手紙クラブの皆さん方の作品が展示され、参加者の目を楽しませてくれました。

懇親会での目玉の一つである「お楽しみ抽選会」への景品をJR四国並びにグループ会社各社から沢山提供していただきました。厚く御礼申し上げます。また、来賓としてJR四国より泉社長、宇野高松駅長にもご参会いただき、代表して泉社長より、OB会のJR四国に対する日頃からの協力活動に感謝の言葉と共に、四国への新幹線導入に対する熱き思いと、OB会に対し話題造りへの協力要請がありました。

その後、植村節子さんによる詩舞、河合博一さん、吉峰義喜さんの歌謡吟詠が披露されました。引き続いた今年のお楽しみ抽選会は、会場内での抽選会を取り止め、受付において一人ひとりが抽選を行い景品を受取りました。また、88歳以上の参加者11名(最高齢参加者:幸山 治92歳(徳島))に特別賞が授与されました。
続いてOB会ホームページ掲示板への投稿件数上位7名、夫婦睦み参加者9組による抽選会も行われました。その後は、カラオケを十分堪能いただけたことと思います。

懇親会が終宴に近づき、香川支部の丸岡忠輝さんによる参会に対する御礼と参会者の今後に対してエールが送られ、次回開催地の支部である徳島支部の福井支部長より中締めの音頭があり、次回徳島での再会を誓い合いながら15時散会しました。

左より、香川支部、香川支部、愛媛支部

168-1.jpg168-2.jpg168-3.jpg

2013/12/30
4支部交流親睦旅行会のご案内
        〜「JRホテルクレメント高松」〜平成26年318日(火)開催
            旅行名:「四国鉄道OB会・讃岐の旅」

 9回目となる「4支部交流親睦旅行会」は、香川支部がお世話役となり、JR四国グループのホテルで初めて
親睦会を開催します。これまでは、「あじな散歩道」を利用した旅行でしたが、今回は、下記旅行概要のとおり
「四国鉄道OB会きっぷ」を利用することにしましたので、旅行の申込等ご注意ください。
1 旅行概要
(1) 旅行日  平成26年3月18日(火)
(2) 懇親会場 JRホテルクレメント高松 3F「飛天」
(3) 道先案内 JR高松駅下車。徒歩3分でホテルに到着します。
         ホテル1階よりエスカレーターで3階までお越しください。
(4) 受付開始 3F「飛天」前にて、11時から受付致します。
(5) 乗車列車 「四国鉄道OB会きっぷ」で乗車券を購入し、極力次の列車をご利用ください。
    愛媛支部 松山発8:11   高松着10:36(いしづち10号)
    徳島支部 徳島発9:22   高松着10:32(うずしお8号)
    高知支部 高知発8:01   高松着10:32 10:36(南風6号) 
    ※香川支部の皆さんは、運賃が4千円未満の場合は「OB会きっぷ」を利用する必要はありません。
(6) 懇親会 12時30分〜15時(予定) 最終15時30分まで。
       ※お楽しみ抽選会、カラオケ唄い放題などで、思いっきり楽しんでいただきます。
(7) 懇親会費 5,000円(当日受付で集金します。)
2 参加者募集 参加される方は必ず支部事務局まで申し込んでください。
(1) 一次締切 平成26年2月18日(火)
         できるだけこの日までに申込みされるようお願いします。
(2) 最終締切 平成26年3月4日(火)
         出欠変更程度の期日と考えてください。
2013/11/29
ホームページにリンク先を追加しました。
トップページの最下段の右端にサカイ引越センターのバナーを貼りつけました。
このバナーをクリックするとJR四国社員向けの限定特典が表示されます。(OB会員にも適用されます。)
引越をされる方はチラシの特別割引専用ダイヤルから見積をお取り寄せしてみて下さい。強制ではありませんので念のために!

(637KB)

2013/05/15
平成25年度四国鉄道OB会総会開催!
 5月14日(火)、10時30分よりJRホテルクレメント高松に於いて平成25年度四国鉄道OB会総会が開催されました。晴天に恵まれ出席を予定していた全員が元気に一堂に会しました。
 今回は本会発足後、9回目の総会となりました。四支部から選出された出席代議員40名と本部理事18名に加え、役員、各種表彰受賞者(役員功労8名、会員増強功績1名、分会活動功績10名)、ご来賓のJR四国泉社長、松島常務、日本貨物鉄道四国支店山名支店長、JR四国グループ会社各社長等のご臨席のもと、出席総数99名により開催されました。
 
 開会後、全員起立して昨年度中に亡くなられた172名の会員さんのご冥福を黙祷で捧げました。
 また、各種表彰では役員功労表彰、会員増強功績表彰並びに分会活動功績表彰の三表彰(会長表彰)が行われました。いずれも個人表彰で、永年に亘る役員活動に対する功労表彰、多くの新入会員を獲得して会員増強の実績をあげられたことに対する功績表彰、永年に亘り分会にあって地道に新聞配達等のお世話役を引き受けOB会活動を支え尽力された方などに対する功績表彰で、三表彰を合わせると香川支部16名、愛媛支部3名、徳島支部6名、高知支部3名、計28名の会員さんが受賞されました。誠におめでとうございました。今後ともご健康で、そしてOB会活動へのご指導のほどよろしくお願いします。
 
 議案については事務局から昨年度の活動報告を行ったのに続き、本年度の活動計画並びに収支予算(案)、会則の一部改定(案)、役員の改選(案)が提案され満場一致で承認されました。
 本年度の活動計画は、まず「組織強化」を掲げ、そのために(1)会員の確保、(2)組織の活性化、魅力づくり、(3)会員への情報発信、を各々強力に推進していくこととしました。 特に会員確保については新たに配偶者を対象とした準会員(賛助)の入会を勧めていくことも掲げました。更に本会会員の高齢化が進み、支部・分会の役員にも高齢化が押し寄せているため、リーダーとなる人材の発掘並びに育成に努め組織の活性化につながる後継者育成を行っていくこととしています。次いで「JR四国及びJR四国グループへの協力活動」及び「社会福祉活動、地域活動等への協力」を積極的に行い、OB会としての社会的役割を果たしていくこととしました。
 
 また、会則の一部改定は、「終身会員への移行措置を講じる必要があるときは、理事会において定める」ことを会則第8条第3項に追加することで承認されましたが、この具体的内容は次のようになっています。
 四国鉄道OB会の平均年齢は80歳に達し、特に年会費の徴収にあたっては集金ができるまで何回も会員宅への訪問活動を行うなどお世話役のご苦労も伺える反面、会費を納める会員さん側も恐縮に感じている方々がたくさんいます。これら会費の徴収・納付の現状を考慮し、会員1人1人が個々の実情に応じて年度ごとに会費を納めていくのか、終身会費を一括で納めておくかの選択肢を会員のために設定することにし、終身会員への移行措置として年齢別移行金額を定め、特に年長者には終身への移行をし易く設定したものです。
 64歳以下は終身会費5万円ですが65歳から84歳まで年々終身への移行金額が減少し、85歳以上は1万円となります。ちなみに70歳では4万円、75歳では3万円、80歳では2万円となっています。詳しくは四国鉄道OB新聞7月号に掲載しますのでご覧いただきたいと思います。この会則の一部改定は25年6月1日付で施行されます。
 
 役員改選では4人の理事と1人の監事が退任され、新たに4人の理事と1人の監事の新任が承認されました。退任された理事・監事の皆様、長い間ご尽力いただきました。ありがとうございました。

 議事に先立ち、宮井会長から挨拶があり、代議員をはじめ会員各位に日頃のOB会活動に対して感謝の言葉があり、また、ご来賓の皆様方には当会運営への温かいご支援に対し、感謝の言葉がありました。そして、会員の高齢化等により会員の減少傾向が続いていることにふれ、今後の課題として入会率を上げていく努力が必要で、そのためには例えばいろんな同好会を立ち上げての活動、系統別OBからの入会慫慂、女性会員グループ等による活動、文芸同好グループでの活動など、それぞれの活動を通じて入会の輪を広げていくなどの行動を実践していこうと話されました。また、JR四国、JR四国グループ会社への協力活動を推進していくことによって、JRもJR四国グループも、そしてOBも共に喜べるようなOB会組織が一番いいことだと思う・・私たちの共通のDNAは『鉄道が好き』なのだから、OB会、JR四国、JR四国グループ会社、そしてJR貨物が共に繁栄・発展していくことができるよう進んでいきましょうと締めくくりました。
 
 ご来賓を代表して、JR四国泉社長からご挨拶をいただきました。当会への祝辞並びにJR四国、グループ会社に対する協力活動への感謝の言葉を頂戴しました。そのうえで、本四高速道路の料金値下問題等、今日のJR四国のおかれた厳しい現況等について私たちOB会員にわかりやすくお話いただきました。そして、新幹線ベースのスピードを四国の鉄道がもっていないことにふれ、都市間輸送にはこのスピードが絶対に必要であるが、なぜか四国内の世論の盛り上がりがあまり感じられない。地元の世論が盛り上がらないと鉄道会社がいくら声高に色々言っても新幹線導入の実現は無理である。OBの皆様は地元のいろんな場面で活躍されているので是非、皆様からもその都度、声をあげて盛り上げていっていただきたい。と熱い言葉で語っていただきました。
 
 お忙しい中、誠にありがとうございました。また、ご来賓の皆様方には会議冒頭より長時間ご臨席賜りました。誠にありがとうございました。

 本会議終了後、12時より懇親会を行いました。緊張した会議のあとの懇親の場は、ご来賓の方々も交わっていただき代議員や受賞者たちの気持ちもほぐれて懇親会が大いに盛り上がりました。そして、それぞれの地域での本年度の取組みを誓い合って散会しました。                         

 四国鉄道OB会本部事務局 古谷浩一
 ※ばかちょんデジカメが本当にばかになったみたいです。ピンあまになってしまいましたが画像掲載いたします。
  宮井OB会会長         ご来賓:泉JR四国社長     懇親会中締め音頭をとる堀内愛媛支部長

165-1.jpg165-2.jpg165-3.jpg

2013/04/26
SLの静態保存活動調査について
 四国のSL「静態保存活動調査」について各支部、関係する各分会にお願いしていましたが、3月末までに調査が完了しました。その結果を調査表にまとめ四国鉄道OB会のホームページに掲載しましたのでお知らせします。お忙しい中、調査にご協力いただきました関係者の皆様に深く感謝申し上げます。
 トップページの最下段のタブ「SL静態保存」をクリックしていただければ調査の全容を見ることができます。まずはお知らせまで。ありがとうございました。

 四国鉄道OB会本部事務局 古谷浩一
2013/03/23
第8回4支部交流親睦旅行会開催!(2)
画像のみ掲載します。

四国鉄道OB会本部事務局  古谷浩一

      徳島支部            高知支部

163-1.jpg163-2.jpg

2013/03/23
第8回4支部交流親睦旅行会開催!
「OBあじ散道後の旅」(平成25年3月22日(金))に大勢のご参加ありがとうございました!四国4支部から総勢151名が「道後山の手ホテル」に参集しましたが、会場となった2F宴会場「ヴィクトリアホール」を埋め尽くし、会員さんの熱気で燃ゆるばかりの懇親会となりました。

 当日は朝から快晴の天候で、気温も4月上旬の暖かい春を感じる素晴らしい1日でした。JR松山駅から伊予鉄の路面電車に乗り換えて終着「道後温泉駅」まで約25分、そこから道後温泉商店街を散策しながらなだらかな坂を上って約6分で懇親会場の「道後山の手ホテル」に到着です。JR松山駅を降りてゆっくり行っても約50分の行程でした。足の弱い会員さんたちには少しお気の毒でしたけど、全員が元気な姿で集まっていただきました。昔、一緒に仕事をした仲間たちがあちらこちらで談笑しながら酌み交わす酒、そしてホテル自慢の「OB会特選和洋折衷フルコース」の料理に舌鼓をうちながらの懇親会は何と短い時間に感じたことでしょうか。

 今回の親睦旅行会にはJR四国並びにグループ会社各社から懇親会での目玉の一つである「お楽しみ抽選会」への景品をたくさんに提供していただきました。また、来賓としてJR四国田中愛媛企画部長、窪松山駅長にも参加いただきましたが、大先輩となるOBの皆様方に歓迎の言葉と共にJR四国に対する日頃からの協力活動に感謝の言葉を述べられました。その後は先輩、後輩大いに盛り上がって楽しんでもらうことができ、地元現職代表とも交流できたことは大変嬉しく思いました。

 また、OB会ホームページ掲示板への投稿件数上位4名、夫婦睦み参加者9組、88歳以上の参加者7名(最高齢参加者:幸山 治様91歳(徳島))に本部から特別賞が贈られました。

さらに、舞台中央には徳島支部関口 章さんが手づくりしていただいた横断幕「四国鉄道OB会親睦旅行会inえひめ」を掲げて会場内を引き締め、地元愛媛支部から大森良治さんのグループが三味線・鼓の演奏をバックに唄「安来節」と「どじょうすくい」の唄・踊りを披露していただき会場も大いに盛り上がりました。
今回も時間の関係でカラオケ大会が十分堪能できませんでしたが、各支部の帰りの列車時間ギリギリまで楽しんでいただきました。ご参会いただきました皆様、ありがとうございました。そして懇親会のために会場で朝早くの準備から散会後のチェックまで堀内支部長、岩本事務局長をはじめとしてお世話いただきました愛媛支部の皆様方、ありがとうございました。次回の幹事は四国4支部ぐる〜りと1廻りして香川支部となります。次回はどこで懇親会をやることになるのでしょうか。お楽しみに、そしてお元気でお過ごしください。その時、また、お互い元気でお会いしましょう!
 
 四国鉄道OB会本部事務局  古谷浩一 

      香川支部            愛媛支部

162-1.jpg162-2.jpg

2013/01/15
OBあじ散・道後の旅
「あじな散歩道」きっぷで行く4支部交流親睦旅行会のご案内

〜愛媛「道後山の手ホテル」〜 平成25年3月22日(金)
開催旅行名:「OBあじ散・道後の旅」 8回目となる「あじ散の旅]は再び道後温泉です。親睦会場は道後温泉「道後山の手ホテル」です。 今回は愛媛支部がお世話役となり、4年前にも訪れて好評だった湯けむりも懐かしい道後温泉で開催しますので、 四国4支部からたくさんの会員さんの参加をお待ちしています。

1.旅行概要
@旅 行 日 平成25年3月22日(金)・・・支部ごとにOB会が指定した列車で参加願います。
 高松発(いしづち5号)7:37→松山着10:05
 徳島発(徳島線経由 剣山1号、南風4号、いしづち7号)6:49→松山着11:14
 徳島発(高徳線経由 うずしお4号、いしづち7号)7:00→松山着11:14
 A懇親会場 道後山の手ホテル 2F宴会場(ヴィクトリアホール) 松山市道後鷺谷町1−13  089-998-2111    Fax 089-998-2112
 B道先案内 JR松山駅より伊予鉄路面電車で「道後温泉駅」下車(約30分)。徒歩約10分。
 C温泉入浴 単純温泉。10時から〜14時30分
 D懇 親 会 12時30分〜15時(予定)  最終15時30分まで。
 E飲 物 代 飲み放題1,000円(当日懇親会場で集金します)※お楽しみ抽選会、カラオケ唄い放題などで、思いっきり楽しんでいただきます。

2.参加者募集 参加される方は必ず支部事務局まで申し込んでください。(団体予約しています)
 @一次締切 平成25年2月22日(金)・・・できるだけこの日までに申込されるようお願いします。
 A最終締切 平成25年3月 8日(金)・・・出欠変更程度の期日と考えてください。

3.あじな散歩道きっぷの購入(2日間有効。支部事務局に申込後にお買い求めください。)
 @あじ散きっぷは、各自出発日までに最寄の発駅(あじ散きっぷ設定駅)からのきっぷをお買い求めください。
 A各自での購入が困難な方は各支部事務局にご相談ください。
 Bこの旅行はJR四国増収協力の一環として4支部合同の旅行会です。きっぷの購入にあたっては必ず旅行名「OBあじ散・道後の旅」でお申込ください。
 C地元の松山地区にお住まいの会員さんは、誠に恐縮ですが一番近くの設定エリア4「伊予桜井駅ー市坪駅」からのきっぷ(5,000円)を買って参加をお願いします。

4.食事
 ホテルが一般のお客様に設定している「道後ぎやまんガラス美術館」入館券プレゼントはつけていませんがその分、今回の旅行は料理をグレードアップしていますので、「OB会特選フルコース」をお楽しみください。
  
5.その他  分からない事があればお気軽にOB会本部、または各支部事務局までお問合せください。
四国鉄道OB会本部   087-821-9503
四国鉄道OB会香川支部 087-821-9503
四国鉄道OB会愛媛支部 089-933-3599
四国鉄道OB会徳島支部 088-653-1697
四国鉄道OB会高知支部 088-855-3598

161-1.jpg161-2.jpg

- Topics Board -